インターネットで買ったロードバイクを防犯登録してきた

中国通販サイトを使って個人輸入したロードバイク、JAVA SILURO 2を防犯登録する。国内通販どころか海外通販を使って購入した自転車の防犯登録も、結論から言えば特に問題なくすることができた。

防犯登録は法律で義務付けられている

自転車の防犯登録については、

自転車の防犯登録は、自転車の盗難防止や盗難の被害にあったとき、紛(遺)失したとき、早期に自転車を回復するためのものであり、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」第12条第3項により「自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録を受けなければならない。」となっております。

参照:大分県防犯協会

というように法律で義務付けられている。そもそも防犯登録したところで盗まれたときに自転車が返ってくるのか?とか、防犯登録していなくても特にお咎めなしだとか、不透明な部分が多すぎて天下り団体の財源になっているだけだとか、いろんな問題点があるのも事実なのだが…。少なくとも防犯登録さえしておけば、警察に盗難自転車だと疑われても自分のものだと証明できるので、しておいたほうがいい。

個人輸入したロードバイクを防犯登録する

というわけで、気になるポイントもあるが、ひとまず防犯登録する。必要なものは4つだけ。

  1. 登録料(大分県の場合は600円)
  2. 身分証明書(運転免許証など)
  3. 販売証明書
  4. 自転車本体

これらを持って自転車屋に行って、「防犯登録をお願いします」と一言言えば問題なし。ただし、僕の場合は少し困ることがあった。それは…

販売証明書がなかったのだ!

一般に販売証明書には

  • 販売店名
  • 購入者名
  • 自転車の車体番号

などが書いてあるそうだが、その手の書類は全く無かった。まぁ中国通販で買った自転車だし、文化が違うから仕方がない。代わりとしてEMS(国際郵便)の宅配伝票を用意しておいた。これなら自分と販売店の住所氏名、そして品目(Road Bikeと書いてあるだけだが…)があるので、とりあえず自分がロードバイクを買ったのだということは証明できる。

事前に自転車屋に問い合わせするのが吉

販売証明書がないことと、インターネットで買った自転車ということで、事前に持ち込む予定の自転車屋に電話で問い合わせをするのがいいと思われる。僕は近所にある大手自転車販売店に問い合わせをして、持ち込みでの防犯登録が可能か否か、そして販売証明書がなく宅配伝票しかないことを事前に伝えておいた。その自転車屋の場合は問題ないはずだという回答を得たが、トラブルに巻き込まれるのが嫌な自転車屋も少なからずいるので、必ず事前に問い合わせるべきと思われる。実際、僕は以前違う自転車屋にネット購入の自転車を持ち込んだら、嫌味なことを言われたことがある…。

防犯登録は10分もかからずに終了

さっそく自転車屋に自転車を持ち込んで、防犯登録をお願いした。運よく電話対応してくれた人が対応してくれたので、事はスムーズに運んだ。

自転車の車体番号を店員さんが確認している間に、僕は書類に住所・氏名・電話番号を書いて、あとは身分証明書を提示し、お金を払ったらOK。最後に防犯登録ステッカーを店員さんに貼ってもらったら終了だ。ものの10分もかからずに作業は完了した。

ステッカーの場所は好きなところを指定できる

防犯登録ステッカーを貼るときに、「どこに貼りたいですか?」と店員さんに聞かれたのだが、僕としては特にこだわりはない。しいて言えば、あまり目立たないところに貼ってほしいなぁ~という感じ。なぜなら大分県の防犯登録ステッカーは鮮やかなオレンジ色で結構目立つのだ。

というわけで店員さんオススメの場所に貼ってもらった。それがこのダウンチューブのボトムブラケット付近。ここだと覗き込むようにしないと目に入らないので、目立たなくてとてもいい。

通販購入の自転車でも問題なく防犯登録が可能

というわけで、中国通販で買った自転車でも何ら問題なく防犯登録ができた。大分県の場合、防犯登録は10年間の有効期限がある。10年後までこの自転車を乗っているかどうかはわからないが、ひとまずこれで安心して公道を走ることができるようになった。