ロードバイクに付けても目立たない超小型ベル!CATEYE OH-2400 真鍮製ベル

ロードバイクはできる限り軽く、そして見た目もすっきりした乗り物にしたい。スポーツバイクというものは、誰が見ているのかは分からないが、なんとなくファッション性にもこだわりたくなってしまう乗り物ですらある。不必要なものはできる限り外し、必要なものは見た目にもこだわって選びたい。ただ、必要なのだけど使うことがない、という矛盾した存在を取り付けねばならないだから困ってしまう。

道交法上ベルの装着が義務付けられている

そんな矛盾した存在がベルである。道路交通法上の警音器の規定の核 第54条を見ると、このように記載されている。

第54条
車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

屁理屈のような法律である。基本的に警笛を鳴らせるようにしなければならないのに、警笛鳴らせの看板がある場所以外では、危険な場合を除いて鳴らしてはならないということは、すなわち音が出るけど鳴らしてはならないベルの装着を義務付けているのと同義である。警笛鳴らせの看板とかほとんど見たことないのだけども、これが無いと違反車両になるのは間違いない。

出来る限り小型ですっきりしたものがいい

どうせ鳴らさないのだから、できる限り小型ですっきりしたベルがいい。例えばこういうの。

これはなかなか、ベルっぽくないデザインでかっこいい…。のだけど、僕にとって問題が2つかある。一つは値段が高いこと。どうせ鳴らさないのだから、こんなものに対してお金を出す気にならない。中国製のコピー品が結構安く買えるので、もう一つの問題が関係ない人は、そっちでもいいかも。そのもう一つの問題は、取り付け場所が限られること。ハンドルに取り付けることを前提としたデザインなので、そこ以外に着きようがない。どうせ使わないのだから、もうちょっと自由度のある取り付け方ができると嬉しい。

CATEYE OH-2400 真鍮製ベル

というわけで僕が選んだのが、CATEYEのOH-2400。ド定番商品だ。中国製のロードバイクを買ったので、走りにあまり関係ないパーツは中国ブランドにこだわりたかったところではあるのだが、そのどうでもいい僕のこだわりを上回る便利さがこのベルにはあったのだ。

なんて言ったって安い

そう、値段が安いのだ。AliExpressなどで買えばもっと安いベルがあるのだけども、とりあえず国内通販で買えるものとなるとこれ以上に安いベルはあんまりない。あとは百均で買う他に選択肢はないだろう。

取り付け自由度が高い

商品説明の写真の時点で鳴らす気がない場所に設置されているのはいかがなものかとは思うが、とにかく付属のバンドで固定することを前提としているので、取り付け自由度がとても高い。さらにベルトはCATEYE製のライトなどに使用されているものと同じものなので、ライトと一緒に固定することも可能。

軽量かつ親指サイズの小ささ

公称25gと超軽量で、かつベル本体も親指の先ほどの大きさしかないという小ささなので、ロードバイクに取り付けても全く邪魔にならないサイズ感。個人的にはママチャリに付いている「ジリンジリン」と鳴らすタイプも好きなのだけども、こういう小さいものがロードバイクには適しているのは間違いない。

付属ベルトを使って取り付け

さっそく付属のベルトを使ってステムの下に固定してみた。さすがはCATEYE製なだけあって、ネジを回すだけでしっかりと固定できた。ただ逆に言えば、ネジを回せば誰にだって外すことができてしまうともいえるし、余分なベルトをカットしないと見栄えが良くない。ベルトをカットすると、今後移設するときにできなくなってしまう可能性もある。

タイラップで固定

なのでタイラップを使用して固定した。下面には単純にベルトが通るように穴が開いているだけなので容易に固定できる。タイラップ固定だと安定感が若干減り、ベルを鳴らす際にベルごと回ってしまうこともあるのだが、そもそも鳴らす場所が限られているので問題ないだろう。

目立たないのでロードバイクにオススメ

ちなみに音質は、「チーン」という綺麗な高温が響く。音量は必要にして十分という感じ。OH-2400は取り付け自由度が高く、小型軽量なのでロードバイクに最適。なるべく目立たずすっきりとした見た目にしたいというロードバイク乗りにお勧めしたい。