【ZERO Rabbit】ちょっとそこまで、に超便利!激安小型サドルバッグのおかげで気軽&身軽に【レビュー】

自転車って気軽な乗り物のはずなんだけども、実は結構不便なところがあると思う。特にロードバイクはカゴなどが全くついていないので、ちょっと困ることがある。財布と携帯電話、それとワイヤーロックは、どこに置いとけばいいんだ?

財布と携帯電話の置き場所が欲しい

「そんなのサイクルジャージの背中のポケットに決まってるじゃないか」

というガチローディーの声が聞こえてくるような気がする。馬鹿言え、そんなものいちいち着ている時点で全く気軽じゃないんだ。僕は「昼飯でも食べに行くか~」ぐらいの気軽さで自転車に乗るときの話をしているんだ。ズボンのポケットに入れると漕ぎにくくて仕方がないし、小型で斜めがけのショルダーバッグは漕いでいる最中にあっちこっち動いて鬱陶しいったらありゃしない。もっと気軽に、もっと身軽に、いつもの日常にロードバイクを使いたいんだ。

ZERO Rabbit 小型サドルバッグ

というわけでサドルバッグを購入した。先人曰く「サドルバッグに関しては大は小を兼ねない。荷物の量に合わせた適切なサイズのバッグが必要なのだ」とのことだったので、小型なものをチョイス。

それがこの、ZERO Rabbit 小型サドルバッグ1000円以下で買える激安サドルバッグだ。全面にテフロンコーティングを施しているので撥水性があり、急な天候の変化にも対応できる。

全体的にすっきりとしており、ロゴはあるが主張は激しくなく、色も落ち着いているのでどんな自転車にもマッチするデザイン。

中心付近のマチをジッパーで開放することで、容量が1~1.5Lまで可変する。ただ、マチを開放する前は1Lちょいぐらいの容量があるように思うが、マチを開いたところで0.5L分も容量が増えるようには思えない…。

赤線で示す範囲にプラスチック製と思わしき板状の骨が入っているため、形状はかなりしっかりしている。縫製のほつれなども見当たらず、安いわりにかなりしっかりしている印象。

 

底面2か所にゴムバンドが装着されている。何に使うのかよくわからない(携帯空気入れとか?)が、ちょっとした長物を運ぶのには使えそうな感じがする。

正面(背面?)にはリアライトマウントを装備。また、中央を横に走る灰色のラインは反射素材になっているので、夜間の視認性を高めてくれる。

シートポストとの接続はマジックテープ式のベルトで行う。ただこれ、直径30mm位までのシートポストにしか対応できていない…。

蓋の裏側には鍵などを入れておけるポケットと、それを引っかけるためのフックが装備されている。蓋の左右には広めのマチが展開するようになっているので、不必要な範囲まで蓋が開いてしまうことがない。

ロードバイクに取り付ける

さっそくサドルバッグをロードバイクに取り付けていく。

左右のベルトをサドルのレールに通し、バックルをはめる。

あとはシートポストにベルトを巻き付ければOKなのだが…僕のJAVA SILURO2はエアロバイクで、シートポストの形状的にベルトが全く届かない…。

そうなるだろうなぁと大体予想していたので、家の中に転がっていた百均で買ったベロクロベルトを用意。

これをベルトの片側に通して固定。青色がダサいので後日黒いベルトを用意したいところだが、とりあえずは固定できた。

サドルバッグのベルトがぶらぶらしているのが邪魔なので、ひとまずここに貼り付けて固定。

あとは左右のベルトを適当に締めあげて位置を固定すれば完成。

横から見るとこんな感じ。サドルバッグ全体が斜め上に向いているので、荷物を取り出す際に落ちることは無さそう。

拡張させるとこんな感じ。

荷物を詰めてみる

スマートフォン・財布、そして鍵を入れた状態がこれ。財布が中型ぐらいの二つ折りなのだが、それを入れてもまだ半分ぐらい余裕がある。サドルバッグの蓋は縦長の長方形だが、奥に向かって上下方向にすぼまる形になっているので、板状のものは横に寝かせたほうがしっかりと入りやすい。

ここに巻いた状態での直径が約150mm、ワイヤーの太さは12mmという、ゴツめのワイヤーロックも入れてみる。

サドルバッグを拡張させることで(ちょっと横方向に無理があるけど)なんとか入った。もっとコンパクトなワイヤーロックなら余裕で収まる。

サイクリングが超気軽になった

実際に上の荷物を入れて坂道を登ったり平地を走ったりしてみたが、サドルバッグが太ももの裏に当たったり、サドルバッグの存在を意識するようなことは一切なし。さらに、カバンを背負わずに自転車をこいでいるという軽快感が素晴らしい!このサドルバッグは基本的にバイクにつけっぱなしにしておいて、出かけたいときは荷物を放り込めばOK。これぞ僕の求める理想の自転車ライフ。それがわずか数百円で手に入るなら、買わない方が損。