サドルの角度調整をしたらお尻の痛みが減った話【ロードバイク】

ほとんどロードバイクに長時間乗ることがないので、普段あまり「お尻が痛いなぁ」と思うことはない。…だけども、最近なんだかちょっとロードバイクに乗っているときにお尻の痛みを感じることがあった。

そいういえば、ちょっと前になんだかサドルの高さが低い気がして、シートポストを少し持ち上げたことを思い出した。もしかしてこれが原因だろうか?

スポンサーリンク

サドルの角度調整をしてみる

お尻が痛くなる場所は、ちょうど骨盤が出っ張っている部分。骨の出っ張りが見事にサドルにクリーンヒットしているような感覚がある。

これって要するに、「サドルのごく一部分にしか体重がかかっていないせいではないか?」と考えた。であれば、サドルの角度調整で解決できるかもしれない。

前下がり→水平に

調整前のサドル角度がこんな感じ。全体としてそこそこ前下がり気味でセットしていた。

これをサドル下の2本のネジで調整して、

水平に近いポジションに変えてみた。

比較するとこんな感じ。サドルは後端が跳ね上がる形状をしているので前後を結ぶと若干前下がりに見えるが、細くなっている部分はほぼ水平になるようにセッティングした。

お尻の痛みが軽減された

角度調整後にプラプラと走ってみたが、お尻とサドルが点で当たるような感覚は無くなり、全体にしっかりと着座するようになった。ペダルも回しやすくなったし、お尻の痛みも無くなったしといいことづくめだった。

スポンサーリンク