ロードバイクのタイヤ交換をしてみた【JAVA SILURO2】

思い返せば、これまで一度も自転車のタイヤ交換をしたことがないことに気が付いた。車やバイクのタイヤでさえ手組したことがあるのに、チャリのタイヤ交換をしたことがないとはこれ如何に。ってなわけで、ロードバイクのタイヤ交換に挑戦してみる。

スポンサーリンク

ロードバイクのタイヤ交換

タイヤ/チューブをホイールから外す

まずはクイックリリースを緩め、ホイールを車体から外す。

次にバルブキャップやリムナット(バルブについているナット)を外して、チューブから空気を出来る限り抜く。

ビートにタイヤレバーを2本引っかけ、片方をリムに沿って動かしていくと…

ホイールからタイヤとチューブが外れた。もちろん最後にはチューブのバルブがホイールに刺さっている状態になるので、それを引っこ抜けば完了。なんだかあっけないぐらい簡単。

ホイールにタイヤを装着する

まずはタイヤとチューブが貼り付くのを予防するために、タイヤの内側にタイヤパウダーを塗る。僕はベビーパウダーで代用した。

ローテーションを確認して、タイヤのビートの片方をホイールにはめる。

ホイールとタイヤの隙間からチューブを入れて、バルブ側からまだ入れていない側のタイヤビートを左右均等に入れていく。最後はきつくなってくるが、すでに入っているビートをホイールの中央に寄せるように揉んでいくと入りやすくなる。

ビートが全部はまったら、ビートとホイールの間にチューブが噛んでいないか両面を一周確認して、

バルブを軽く押してバルブ位置のずれも修正。

空気を入れれば完成。軽く空気が入った状態で一度問題がないかチェックしてから、好きな圧力まで入れるとトラブルが防げそう。最後にリムナットとバルブキャップをつければOK。

案外簡単だった

チューブが入っているクリンチャータイヤということで、タイヤパウダーの使用やチューブの噛みこみチェックといった項目があったものの、難しいことは全くなかった。というかポイントを押さえれば超簡単だったので、やったことない人は一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク